障害年金を受給するために

障害年金の制度を利用するに当たっては、まず自分が障害年金を受給できる資格を保持しているか確認することが大切です。その条件となるのが以下の3つです。まず、初診日当日に20歳以上65歳未満であることです。この制度を利用するにあたっては初診日が要となってきます。障害年金を受給しようかと考える根本にはその悩みとなる何らかの怪我や病気があります。その怪我や病気には原因があり発生するものと考えるため、その病気や怪我を診察した病院や、いつ診察したのかなどの事実が存在します。障害年金を受給するためにはそれらを何らかの方法で証明することが必要です。2つ目に、その初診日当日に国民年金や厚生年金、共済年金のいずれかに加入して一定期間保険料の支払いを行っていることです。そして、最後に障害の程度が当てはまる制度の対象を満たしているかということです。

障害年金は2階建ての仕組みを採用しています。そのため、等級が2級以上であれば障害基礎年金に加えて障害厚生年金か障害共済年金のダブル受給をすることが可能です。制度を正しく知り、自分に合った年金制度を利用することで、毎日の暮らしをより安定して送れるようサポートする制度です。

参考>>障害年金の申請手続き代行【白石社会保険労務士事務所】